fc2ブログ

準数次相続登記と司法書士

おはようございます。

岡山の司法書士松田です。

今日は相続登記に関してです。

お父さんがまず亡くなり、母を含む相続人で遺産分割をしました。

このときにA不動産を母が相続することをきめたけれども登記が未了だったわけです。

当然遺産分割協議書は相続人全員の印鑑証明書を合わせて有効に完成しています。

その後数年後に母が亡くなった事例です。

この場合に母からの遺産分割で長男がA不動産を相続することが決まったとして、従前の父からの遺産分割協議書と今回の母からの遺産分割協議書を添付して、父から直接長男に所有権移転登記をすることができるか、という話です。

結論はできます。

登記原因は、年月日(父の死亡日)母相続年月日(母の死亡日)相続です。

数次相続の場合にこれができるのは、司法書士にとって常識的なことですが、この事例の場合感覚的にできそうにない気がするので要注意です。

免許税が大分変わってくるので知っておきたいですね。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おさま

Author:おさま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR