FC2ブログ

混同と司法書士

おはようございます。

岡山の司法書士松田です。

昨日は不動産登記研究委員会でした。
混同について勉強になる話があったのでご紹介します。

混同とは所有権以外の権利の権利者がその不動産の所有権を取得したときに、所有権以外の権利は意味がなくなるので消滅するというものです。
今回は仮登記の権利者が所有権を取得したというケースです。

通常は混同がおこって仮登記が消えるので、抹消登記を申請することになります。
しかし今回のケースでは仮登記と所有権取得の間に抵当権が設定されていました。

この場合、仮登記はまったく意味がなくなるわけではない(抵当権に優先する)ので、混同が発生しません。
登記記録をよくみないとわからないです。

うっかりしがちなのでよく考える必要がありますね。
スポンサーサイト



プロフィール

おさま

Author:おさま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR